太陽光発電で人気の京セラ|太陽光発電システムを導入する【太陽パネルの魅力とは】|solar.com

太陽光発電で人気の京セラ

家族

京セラとは

太陽光発電メーカーの中でも歴史があり、西暦1975年頃から太陽光発電を開発しているのが京セラになります。また、京セラは国内で一番最初に住宅用太陽光発電を商品化したメーカーです。そして、その実績と信頼感によって、今では多くの住宅に京セラの太陽光パネルが設置されており、西暦1998年から1999年の2年間に至っては太陽光パネルの生産量が世界でもナンバーワンに輝きました。

太陽光パネルの性能

京セラが開発し、販売している太陽光パネルの魅力は何といっても、長期間の運用においてのシステムの稼働性能と耐久性能になります。京セラの太陽光パネルを設置した住宅の中には、西暦1984年に設置されたものが2013年になっても稼働し続けているものもあるそうです。この稼働性能と耐久性能が認められたからこそ、京セラが太陽光パネルにおいて人気なのです。

豊富な太陽光パネル

また、京セラの特徴として太陽光パネルの豊富さが一つとして挙げられます。京セラで開発している太陽光パネルには現在6種類あり、それぞれで組み合わせることによって、設置スペースが少ない屋根でも大量に太陽パネルを置くことが可能です。また、その中でもサムライシリーズと呼ばれる太陽光パネルはデザイン性も高く、見た目と性能を兼ね備えているため多くのご家庭から評判です。

太陽光発電に関するQ&A

太陽光発電システムの導入をおすすめできる方はどのような人?

太陽光発電システムを新築住宅、中古住宅どちらにも導入することはできますが、新築住宅の方が特におすすめできます。その理由は新築住宅では、中古住宅に比べて費用が安く、住宅に最適な太陽パネルを設置することができるからです。

太陽光発電システムを導入するならいつがいい?

太陽光発電の施工にかかる負担費用は年々下がってきており、これからも徐々に下がっていくことは確かです。ですが、それに伴い売電価格も下がりつつあります。そのため、売電収入を得たいと思っているご家庭はすぐにでも導入することをおすすめします。

広告募集中